PICマイコン

アセンブラでプログラムを書いて動作を確認できた
これは初めての経験で快挙だ
温度センサーから信号増幅しPICマイコンに入れる
ソフトウエアはAD変換、
2進数から10進数変換、
2桁LEDのダイナミック表示、
等からなる
動作上の不具合の内容を理解するまで思考錯誤何度繰り返したことか
少し直しては確認しながらでないと
先に進めないことを実感
いざ自分で組もうとすると実に難しい
 
ところで一回でうまくいったソフト内容もある。
マイコンに取り込んだ温度データを例えば0.17のような任意定数で掛け算し
校正された温度を表示をさせる必要であったが、
以前、デジタル光ワードを構成する内容のパテントを出願した経験から
考え方はすぐ思いついた
 

Queishan について

Jimi Hendrix Freak
カテゴリー: コンピュータとインターネット パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中