ガラスの気密封止

ガラスとガラスの気密封止
ガラスとガラスを数ミクロンの接着層で室温での反応を利用し
きれいに接着することは技術的、産業的に意味のあること
 
昨今の進捗は、薬品のミキシングレベルから接着まで
含め100点中 60点を越している 
あと2日間で実験作業は終わりにする
 
開発から2年間と時間はかかっているが
費やした実時間や費用もたいしたことない
その内容は個人の仕事としてはかなりのものか
 
ほとぼりがさめてから
技術展に出展してこの技術を産業界に問うてみたい
楽しみだなぁ
 
その前に特許の可能性を検討するほうが先か

Queishan について

Jimi Hendrix Freak
カテゴリー: ガラス パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中